お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

組み込み用Linuxの米タイムシス、プログラミングツールを全Linux対応に

2003/11/12 11:15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DVDプレーヤーなどのコンピュータ機器に組み込むLinuxの開発を専門とする新興企業米TimeSysは、同社のプログラミングツールを拡張し、あらゆるバージョンのLinuxオペレーティングシステム(OS)で利用できるようにした。

 この拡張によって、Linuxを自家製バージョンや商用バージョンにカスタマイズする際に、TimeSysのツールが利用できるようになった、と同社は先週述べている。この動きで、TimeSysの技術に関心を持つ開発者が増える可能性がある。

 新しい開発ツールは、もともと米IBMが開発したオープンソースのEclipseプログラミングソフトウェアをベースにしている。このツールには、Linuxのカスタムバージョン製作のためのLinux Development Suiteと、ソフトウェアの動作確認テストを自動化するLinux Verification Suite、そして、Linuxの起動時に故障を素早く検知する別のシステム、Linux Hardware-assisted Debugが含まれている。

 TimeSysによると、こうしたツールのテストには、組み込み機器用のカスタムソフトウェアメーカー、加Amirix Systemsなどが参加しているという。

 市場に適合したソフトウェアである組み込み用Linuxには、ソニーや松下といった企業が大きな関心を寄せている。組み込み用Linuxは、米Wind River SystemsのVxWorksや米MicrosoftのWindowsといったメジャーな組み込み用OSと競合している。

 サーバ用Linuxのディストリビュータ首位の米Red Hatは、1990年代末に組み込み用Linuxを推進し始めたものの、その後、企業のサーバ顧客向けのRed Hat Enterprise Linuxに重点をおくようになった。

 TimeSysは10月に行なった資金調達で、800万ドルを集めている。また、同社はConsumer Electronics Linux Forumに参加している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社