お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

HDE、Linuxサーバー向けアンチウイルスソフトの新バージョン

2003/11/12 10:33
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホライズン・デジタル・エンタープライズ(HDE、小椋一宏社長)は11月11日、Linuxサーバー向けアンチウイルスソフトウェアの最新バージョン「HDE Anti-Virus 3.5 for Server」と「HDE Anti-Virus 3.5 for Gateway」を、12月4日から全国のパートナー・ソフトウェア販社経由で販売開始すると発表した。

 「HDE Anti-Virus 3.5」シリーズは、Linuxサーバーにアンチウイルス機能を付加するソフトウェア。前バージョンまで、「HDE Anti-Virus」シリーズを導入するためには、ホストアプリケーションとして「HDE Controller」もしくは「HDE File Server」が必要だったが、3.5シリーズからは「HDE Anti-Virus」単体での稼動が可能となった。

 これによって、従来のサーバー管理ツールと統合したアンチウイルスソリューションのニーズと、アンチウイルス機能のみを必要とするニーズの両方に対応できるようになった。

 今回発売する「HDE Anti-Virus 3.5 for Server」は、ファイルサーバーやWebサーバーのコンテンツを定期的にチェックし、自動的にウイルスの駆除を行うもの。接続するクライアント数が増えても、追加のライセンス料は発生せず、ウイルス対策用に別途サーバーマシンを必要としないことが特徴。

 また、「HDE Anti-Virus 3.5 for Gateway」は、メール送受信やWebブラウジング、FTPによるファイル送受信時の通信内容をリアルタイムに監視し、ウイルスの検出と削除を行うもの。ハイコストパフォーマンスに加え、多くのプロトコルに対応していることが特徴。

 共通する主な特徴としては、

  1. 軽量、ハイパフォーマンスなアンチウイルスエンジン
  2. ウイルス定義ファイルの自動アップデート機能
  3. 「HDE Controller」シリーズ、「HDE File Server」とのインターフェイス統合が可能

 ――など。

 対応ディストリビューションは、Red Hat Enterprise Linux AS/ES 2.1(3.0対応予定)、Red Hat Linux 7.2/7.3/8/9、Turbolinux 8 Server、Miracle Linux Standard Edition V2.1。

 なお、同社では、他社ゲートウェイ製品から乗換のユーザーに対し、通常価格の50%の価格となる「乗換割引パッケージ」を同時に発売する。さらに、ホスティング事業者向けに「HDE Controller 3.0 Linux版 ISP Edition」と「HDE Anti-Virus 3.5 for Gateway」を組み合わせた「ISPセキュリティパック」を04年3月31日まで販売する。

 価格は、「HDE Anti-Virus 3.5 for Server」が5万円。「HDE Anti-Virus 3.5 for Gateway」が25ユーザー版で11万7000円から。「HDE Anti-Virus 3.5 for Gateway 乗換割引パッケージ」が25ユーザー版で5万8500円から。「ISPセキュリティパック」が25ユーザー版で19万8000円から。

 同社では、インターネットまたはファイルサーバー経由でのウイルス感染を防ぎたい企業、学校、団体などを対象に、年間3000本の販売を目指す。

ホライズン・デジタル・エンタープライズ
「HDE Anti-Virus 3.5」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社