お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ビクター、HDTV信号をMPEG-2ストリームに圧縮できるエンコーダーボード

2003/11/11 10:34
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ビクターは、パソコン用として初めて、HDTVの高解像度信号をMPEG-2ストリームにリアルタイムで圧縮するPCIバス対応HDTVリアルタイムエンコーダーボード「DM-PC500」を11月10日に発売した。価格はオープンプライス。

 新製品は、パソコンのPCI拡張スロットに装着し、HDTV信号をMPEG-2信号にリアルタイムで圧縮するハードウェアエンコーダーボード。これによって、従来まで放送局用システムでしかできなかったHDTV信号の圧縮・蓄積を、パソコンで手軽に実現できるようになる。

 主な特徴は、

  1. エンコーダー部分に、現在デジタル放送局で使用されている送出用エンコーダーとほぼ同程度の仕様と能力を搭載
  1. パソコンに搭載することで、HDTV信号のMPEG2リアルタイムエンコードが可能で、システムの小型化を実現
  1. 同社独自開発のMPEG-2エンコードアルゴリズムを採用し、高画質なエンコードが可能
  1. エンコードデータであるトランスポートストリームをPCIバス経由でパソコン内のハードディスクドライブに記録可能
  1. ハードウェアエンコードのため、パソコンのCPUに負荷をかけることなく、リアルタイムエンコードが可能

 ――など。

 同社では、「デジタルHDストレージ」を、成長戦略実現に向けた重点事業のひとつとして位置付けており、02年11月に放送分野で培ったMPEG-2エンコーダーのダウンサイジングモデル「パソコン用HDTVリアルタイムエンコーダーボード」の技術発表を行っている。

 その後、BSデジタル放送の普及、03年12月から開始予定の地上デジタル放送、映画業界でのデジタルシネマへの取り組みなど、デジタル映像分野において“従来のSDから、より高画質のHDへの移行”がさらに進み、コンテンツの蓄積、編集、伝送などのプロシューマ市場において、HD映像をパソコンで簡単に扱うためのMPEG-2圧縮伸張装置のニーズが高まってきたことを受け、今回、新製品を商品化し、市場投入することにした。

 同社では、新製品をプロシューマ市場に向けに提案していく考え。

日本ビクター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社