お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アドビら、XMLを利用したDTPデータ管理ツールを提供

2003/10/10 20:21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビシステムズ、三井物産、三井情報開発、およびプロフィールドの4社は10月10日、「XML技術による新世代DTPデータ管理ソリューション」の販売、促進活動で提携したと発表した。印刷・出版業界を中心に、3年間で100億円の売上を目指す。

 今回の提携で、アドビのDTPソフト「Adobe InDesign」、三井物産と三井情報開発が販売するXMLデータベース「NeoCore XMS」、プロフィールドの販売するInDesign対応XML自動組版エンジン「ProDix」を組み合わせたDTP管理ソリューションを提供する。このソリューションを導入することで、手作業の部分が多かったDTPデータ管理のコストを30〜70%削減できるという。

 この製品では、データベースとDTPソフト双方の情報をリアルタイムで更新するほか、統合データベースを中心としたDTP情報の共同管理、XMLをベースとしたテキストおよび画像データの統合管理、およびデータベースを書くとしたDTPソフトとウェブの情報連携などが可能になる。

アドビのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社