お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

富士通、米トランスメタの90nm版Efficeonの生産を受注

2003/10/08 16:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Transmetaは米国時間10月7日、Efficeonプロセッサを90nmプロセスルールで生産するパートナとして富士通を選んだと発表した。同プロセッサは、ゲート長40nmのトランジスターを搭載する富士通のCS100 90nm CMOSプロセス技術を用いて製造する。

 富士通のCS100プロセスのメタルピッチは240nm、トランジスターゲート長は40nm。連結メタル層は最高11層が可能で、「高密度プロセッサに理想的なプロセスを提供できる」(Transmeta)。90nm版Efficeonプロセッサの生産は、富士通のあきる野技術センターで行う。

 TransmetaのEfficeonは、デスクトップ/ノートパソコン、タブレットPC、ブレードサーバ、組み込みシステムなど向けのプロセッサ製品系列。HyperTransportバスインターフェース、DDR 400 SDRAMインターフェース、AGP-4Xグラフィックスインターフェースを搭載している。また電力管理機能LongRunを採用したことで、「長いバッテリ駆動時間を提供できる」(同社)という。

Transmetaのプレスリリース(英文)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社