お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日本IBM、中小企業向け事業を強化

2003/10/06 17:04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは10月6日、中小企業向け事業を強化すると発表した。小規模の企業でも導入しやすい価格の製品を拡充するとともに、ビジネスパートナーの支援を強化する。

 大手企業がIT支出を切り詰めるなか、IBMは新たなビジネスチャンスを求めて中小企業向けのビジネスに力を入れてきている。日本IBM 理事 ゼネラル・ビジネス事業部長の大石憲司氏によると、従業員が1000人未満の企業は国内に約170万社あり、2003年におけるIT需要額は約3兆6000億円にのぼるという。

 IBMは中小企業向け製品を「IBM Express ポートフォーリオ」というブランド名のもとで提供している。現在提供されている製品としては、ウェブアプリケーションサーバーのWebSphere、データベース製品のDB2、eServerのpSeriesのほか、iSeriesをIBM e-businessホスティング・センター内の専用ラック内に設置するホスティングサービスなどがある。

日本IBM 理事 ゼネラル・ビジネス事業部長の大石憲司氏

 今回新たにExpressブランドで提供されることが明らかになった製品としては、eServerのxSeriesやiSeries、PCのThinkPadやThinkCentre、製造業の製品企画から生産、サポートまで管理する業務ソリューションのPLM(Products Lifecycle Management)製品などがある。いずれも今年中に発表される予定だ。

 IBMはこれらの製品を、パートナーを通じて中小企業に販売していく。従来IBMでは中小企業に対して直接営業活動を行っていたが、今後はパートナーが主体となって営業活動やソリューションの提供を行っていくという。IBMではパートナーごとに専用ウェブサイトを設置し、セールスキット等を提供するほか、共同でキャンペーンやセミナー等も実施する。ソフトウェア分野では新たにディストリビュータ制を導入し、IBMのミドルウェアとパートナーのアプリケーションやサービスをセットにして提供していく。

 IBMではビジネスパートナー支援のため、今年度中(2003年12月まで)に約50億円を投資する。さらにパートナー支援担当の要員を100名増員し、パートナーとの連携強化を図るという。2004年度にはさらに100名ほど要員を増やす計画としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社