お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NAC、03年9月のウイルス届出状況を発表

2003/10/06 10:32
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ネットワークアソシエイツ(NAC、加藤孝博社長)は10月3日、03年9月におけるコンピュータウイルスの届出状況を発表した。この統計は、同社データセンターで把握している情報を基に、各ウイルスを検知・駆除したマシン件数を算出したもの。上位5位は以下の通り。

1位 「W32/Nachi.worm」 2728件
2位 「W32/Lovsan.worm.a」802件
3位 「W32/Klez.h@MM」673件
4位 「X97M/Laroux.a.gen」512件
5位 「VBS/Redlof@M」480件

 9月は、「Lovsan」と「Nachi」が個人・SOHOを中心に依然として活発に活動した。前月ほどではないが、まだ対策がとられていないコンピュータが数多く存在することが想定される。とくに、PHSなどの接続を利用するモバイルコンピュータに対しては、プロバイダ内での感染の可能性を考慮し、今後も厳重な警戒が必要。

 また、マイクロソフトが9月11日に緊急で新たなウインドウズの脆弱点(MS03-039)をアナウンスした。今後、悪用される可能性が非常に高いため、パッチをあてるなど早急に対応する必要がある。

 同社・加藤義宏技術統括部長は、「第1にウインドウズOSの脆弱点が公開されたら速やかにパッチをあてる、第2に常にウイルス対策ソフトを最新の状態に更新すること、そして第3に、できればパーソナルファイアウォールをインストールすることの3点が重要」と注意を呼びかけている。

日本ネットワークアソシエイツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社