お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日本ユニシス、SAP関連ビジネスへの本格参入に向け専任組織を新設

2003/10/01 10:26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ユニシス(島田精一社長)は9月30日、SAPジャパン(藤井清孝社長)が提供するSAPソリューション関連ビジネスへの本格参入を目指し、10月1日付でSAPビジネスの専任組織「SAPビジネス統括部」を新設すると発表した。

 同社はこれまで、「テクノロジー・パートナー契約」および「サービスパートナー契約」をSAPジャパンと締結し、

  1. プラットフォーム構築/BASISコンサルティングサービス
  1. システムインテグレーション・アプリケーション構築サービス
  1. 周辺システムとの連携ソリューション提供
  1. アウトソーシングサービス
  1. 各種コンサルティングサービス

 ──などのSAP関連ビジネスに順次参入しており、大規模Windowsサーバー「Unisys Enterprise Server ES7000」を中心としたプラットフォーム構築や、SIにおけるシステム構築などのノウハウを蓄積してきた。

 今回、社内各担当部署に分散していたSAPビジネス関連要員を「SAPビジネス統括部」に集約、同部署を中心に機能を統合し、各部門のノウハウ、リソースなどの共有、有効活用を図っていく。また、従来から手掛けている業務分野、顧客業種に集中的に資源を投入し、ソリューションサービスの提供を推進していく予定。

 具体的な戦略としては、

  1. 購買/調達業務を中心としたSRM分野において、10月から電子調達ソリューション導入テンプレートとして提供開始する「ExtraBuilderR for SRM」の拡販
  1. すでに多数のユーザーをもつCRM分野において、長年の実績とノウハウを活用した「my SAPR CRMソリューション」の提供と各種サービスの提供
  1. 多くのシステム構築実績をもつ業種において、その業種ノウハウをベースにユーザーにとって価値あるサービスの提供

 ──などを実施していく。

 今後、これらの戦略を基軸にSAPジャパンとのさらなる協調・協業を推進し、ビジネス連携強化を図っていく方針で、SAPビジネスへの本格参入、事業強化によって、3年間で200億円の売り上げを目指す。

日本ユニシス
SAPジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社