お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NEC、プレゼンス情報を活用可能な通信事業者向けソリューションを発表

2003/09/11 16:48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは9月11日、通信相手の状態(プレゼンス情報)に適した手段でコミュニケーションサービスや情報提供サービスなどを提供できる通信事業者向けソリューション、PARTNERSIPNET(パートナーシップネット)の販売を同日より行うと発表した。

 同ソリューションでは、同社のSession Initiation Protocol(SIP)サーバCX6820-SSやプレゼンスサーバMX7840-PRなどのサーバ製品、メッセージングソフトウェアPARTNERSIPNET Messengerなどを組み合わせる。これにより、相手のネットワーク接続状況といったプレゼンス情報や趣味/趣向に応じ、音声、画像、動画などを適切に組み合わせたサービスを提供できる。また同社は、コンサルティングからシステム構築、運用保守までをソリューションに含め、顧客を総合的に支援するとしている。

 PARTNERSIPNETで提供可能なサービスは以下の4種類。

  • プレゼンスサービス:
    家族/友達/職場の同僚など、ユーザーが登録したメンバーの現在の状態(暇、仕事中など)をリアルタイムに確認できる
  • インスタントメッセージサービス:
    相手の現在の状態をプレゼンスサービスで確認した上で、リアルタイムにメッセージ通信が行える
  • チャットサービス:
    チャットルーム内の複数のメンバー間でインスタントメッセージを使用したチャットが行える
  • 音声通信/ビデオ通信サービス:
    1対1の音声通信サービスやビデオ通信サービスが利用できる

 PARTNERSIPNETのサービスは、メッセージングソフトウェアPARTNERSIPNET Messengerを使用するパソコンユーザー間のほか、パソコンユーザーと携帯電話機ユーザーとのあいだでもインスタントメッセージサービスやチャットサービスが利用できる。ベースとなるシステムは、SIPに加えSIP for Instant Messaging and Presence Leveraging Extensions(SIMPLE)にも対応している。

 同ソリューションの提供開始は2003年11月の予定。ハードウェアとソフトウェア込みの価格は5000万円(500ユーザー)からとする。

 また今後NECは、同ソリューションを活用したサービスの内容強化を図り、参加者同士のコミュニケーション形成を支援するサービス、多地点間で画像/音声/データをリアルタイムに共有可能なチャットサービス、無線ICタグやGPSと連携させたサービスなどを開発するとしている。

NECのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社