お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

富士通、コンバーティブルタイプの新タブレットPCを米国で発売

2003/09/09 21:16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通の100%子会社である米Fujitsu PCは8日(米国時間)、従来型のタブレット型コンピュータと、コンバーティブルタイプのノートPCの両方を販売する初めてのメーカーとなった。双方の機種とも、オペレーティングシステム(OS)は、米MicrosoftのWindows XP Tablet PC Editionを搭載している。

 Fujitsu PCは、新たに発表した「LifeBook T3000」で、同社のタブレットPC「Stylistic」およびノートPC「LifeBook」両シリーズの長所を取り入れた設計を行っている。これは、医療・医薬業界の顧客からの要望を取り入れたものだと、Fujitsu PCのプロダクトマーケティングディレクターを務めるPaul Mooreは説明している。

 同社は昨年11月に、従来型のタブレットPC「Stylistic ST4000」を発売している。これはOSにWindows XP Tablet PC Editionを搭載した同社初の製品だった。

 LifeBook T3000では、ペン入力による手軽なメモ書きや書き込みができ、また長い文章の作成にはノートPCのキーボードが使える。

 他のコンバーティブルなタブレットPCのように、LifeBook T3000はクラムシェル型デザインを採用、特別なヒンジを使って接続したスクリーンは180度回転させたり、キーボードのうえに畳み込んで、タブレットとして使えるように設計されている。

 このデザインは、Microsoftがペン入力主体のWindows XP Tablet PC Editionを昨年後半に発売した際に、東芝などが採用して人気を呼んだものだ。

 新型モデルLifeBook T3000は、12.1インチディスプレイを搭載。米IntelのCentrinoシリーズのチップを採用している。

 同製品の価格は1799ドルからとなっており、この機種は1.4GHzのPentiumM、802.11b無線モジュール、メモリ256M、40GBのHDDという構成になっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社