お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

大日本印刷など、音声認証ICカードを開発

2003/09/03 14:13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大日本印刷とアニモは9月3日、音声認証ICカード「DNP Standard-9 ADVANCE-VP」を共同開発したと発表した。声紋とキーワードから、カード利用者を特定できる。この種のカードとしては「日本初」(両社)という。

 同証ICカードは、ICチップ内部にアニモ製音声認証プログラムを実装する。またカード所有者の音声特徴点データを登録できる。登録は所有者が自分で、パソコン、マイク、ICカード・リーダ・ライタ、専用ユーティリティを使って行う。

 認証を行う際には、まずカードの所有者が、マイクでパソコンに音声を入力。パソコンが音声を解析した後、特徴点データを抽出、ICカード内に送る。最後にICチップが、受け取ったデータを内部に記録してあるデータと比較して認証を行う。認証過程で、認証プログラムや特徴点データをICチップから読み出さないため、不正流出を防げるという。

 またカード所有者の音声であっても、キーワードが一致しないければ本人と認識しない。これを利用し、定期的にキーワードを変えることで、セキュリティを高められるという。こうした音声機能は、通常のICカードが採用するPIN(認証用文字列)方式の認証と併用できる。

 DNP Standard-9 ADVANCE-VPは、専用ユーティリティ、CSP、推奨マイクのセット販売となる予定。システムインテグレーション事業者を主な顧客層とし、10月からサンプル出荷、12月から製品出荷を予定する。販売は大日本印刷が行う。価格は100クライアントにつき総額約380万円、1000クライアントにつき総額3500万円。

 両社は、同製品を携帯電話分野へ展開することも検討している。携帯電話機は初めからデータ入力、認証用のマイク機能を備えており、また一部にはUIMと呼ばれる小型ICカードを装着する機種もあるため、DNP Standard-9 ADVANCE-VPの音声認証システムを実装しやすいという。

アニモのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社