お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米SAS、Eclipseコンソーシアムに参加

2003/08/28 15:46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米SAS Institute(SAS)は現地時間の8月25日、Javaベースの統合開発環境「Eclipse」の推進・支援団体「Eclipseコンソーシアム」に参加したと発表した。

 SASのJava開発環境担当ディレクター、リッチ・メイン氏が同社を代表し、コンソーシアムの幹事会役員に就任する。同氏は今回の加盟に関して、「SASは開発コミュニティでのEclipseの支持率の高さを認識し、これまでSASが注力してきたユーザーへのJava、J2EEプラットフォームのサポートに基づいて、Eclipse向けにSASアプリケーション開発機能の提供を計画する」とコメントしている。

 Eclipseコンソーシアムは、米IBMが主催し、米Borlandや富士通、米Red Hatなど大手ソフトウェアベンダ数十社が参加している団体。この8月1日には米Intelも加わった

 SASが同団体に参加することで、今後開発者はEclipseの一般的なJava開発ツールを使って、SASのデータウェアハウスや解析、ビジネス・インテリジェンス・ソフトウェアを統合できるようになるとSASでは説明している。

 また、Eclipse幹事会会長のスキップ・マッゴーヒー氏が、SASの参加を歓迎するコメントを出している。「SASのビジネス・インテリジェンス市場における主導的役割によって、Eclipseのビジネス・インテリジェンス・ソリューションに関心を抱く全ての開発者に対する、コンソーシアムの影響力が大幅に拡大する」(同氏)

Eclipse
SAS Institute

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社