お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

エッジ、CD-ROMから起動できる「LindowsCD 日本語版」など発売へ

2003/08/26 17:17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エッジは8月26日、パソコン本体にインストールせず、CD-ROMから起動できるLinux OS「LindowsCD 日本語版」を9月から販売開始すると発表した。LindowsCD日本語版を搭載して動くハードディスク装置非搭載のネットワーク専用端末「Lindows WebStation」も、9月から販売する。

 LindowsCDは米Lindows.comが開発したLinux OS「LindowsOS 4.0」の特別版。CD-ROMドライブから起動でき、パソコンのハードディスク装置にインストールする必要がないため、すでに他社のOSをインストールしたマシン上でも使用可能。万一不具合が発生しても、CD-ROMをドライブから取り出して、再起動するだけで、パソコンを元の状態に戻せるという。

 Lindows WebStationは、Lindows.comが7月にリリースしたパソコン。ハードディスク装置を搭載せず、データは基本的にウェブ上のストレージで管理する。端末内に個人データが残らない、不安定になり難い、製造コストが安く小型化が可能といった利点を備えるという。ホテルや駅、図書館といった不確定多数の人が訪れる場所や、サーバベースの企業向け大型ネットワークでの利用、家庭でのインターネットやゲーム、DVD鑑賞、テレビへの接続など向ける。

 価格は、LindowsCD日本語版が5000円以下を、Lindows WebStationが2〜4万円を予定している。同社はLindowsCDの販売本数を今後3年間で200万本程度、Lindows WebStationの年間販売台数を55万台程度と見込んでいる。

エッジ
プレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社