お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

トランスコスモス、SAPジャパンとのパートナー契約で、「SAP R/3」導入後の業務運用サポートを提供

2003/08/26 16:12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トランスコスモスは8月26日、SAPジャパンとパートナー契約を締結したと発表した。この契約に基づきSAPジャパンのERPパッケージ「SAP R/3」導入企業に向け、保守・運用サービスを提供していくという。

 サービス内容は、SAP R/3の顧客向けアプリケーション部分に特化したものとなる。名称は「SAP R/3 サポート デスクサービス」。トランスコスモスが提供してきた「統合ヘルプデスクサービス」の新メニューと位置付ける。

 プロトタイプ検証サービス、教育企画・導入展開サービス、トータルサポートデスクサービス、業務プロセス改善(BPR)サービスの4つで構成する。各メニューは、現場の品質管理ポリシーに沿って、顧客企業ごとにSLA(Service Level Agreement)を締結した上で、一括もしくは個別に提供していく。実際の運用は、トランスコスモスが、専任スタッフを現場に送る出張形式で行う。

 従来トランスコスモスが提供してきたシステム運用アウトソーシングサービスと、顧客企業からの問い合わせに対応する社内向けヘルプデスクサービスを統合して行うことで、ランニングコストのパフォーマンスを向上させるという。

トランスコスモスのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社