お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日立、WindowsベースのNASサーバに低価格モデルを追加

2003/08/21 16:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は8月21日、Windows OSを採用したNASサーバ「HA8000-ie/NetStorage200」に、デスクトップモデルとキャビネットモデルを追加し、販売を開始すると発表した。9月8日に出荷を開始する。希望小売価格は45万8000円と75万8000円。

 いずれも動作周波数2.4GHzのPentium4プロセッサを搭載し、1ウェイ構成のみサポートする。ちなみに従来製品のラックマウントモデルは、Xeonプロセッサを搭載し、最大2ウェイ構成が可能で、標準構成の価格は198万円。「今回、低価格モデルを追加することにより、これまで以上に幅広いユーザー層にNASサーバを提供していく」(同社)

 デスクトップモデルのハードディスク装置(HDD)容量は120GB。レベル1のハードウェアRAIDを採用。メモリ容量は256MB(2GBまで増設可能)。スペースに制限がある小規模な事務所での導入を想定する。

 キャビネットモデルのHDD容量は240GB(360GBまで拡張可能)。レベル5のハードウェアRAIDを採用。メモリ容量は512MB(3GBまで増設可能)。中小企業や大企業の部門などに向ける。

日立製作所のプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社