お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

JBCC、「IBM iSeries」ホスティング・ハウジングサービスに本格参入

2003/08/19 09:53
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ビジネスコンピューター(JBCC、石黒和義社長)は8月18日、中堅企業向けのサーバー「IBM eServer iSeries」システムを利用したホスティング・ハウジングサービスに9月から本格参入することを発表した。まず、首都圏からサービスを開始し、その後、大阪・名古屋でも展開していく予定。

 ホスティング・ハウジングサービスとは、

  1. データセンターの一部貸し出し(ホスティング)
  2. サーバーをデータセンター内に構築して運用・管理(ハウジング)

 ──を提供するサービス。

 同社はこれまで、「IBM eServer iSeries」を利用したホスティング・ハウジングを、顧客の要望によって個々に対応してきたが、今回、急増する顧客ニーズに即応し、IT活用を強力に支援するため、同サービスをメニュー化するとともに、MSPサービスの中核となる「SMAC(Solution Management and Access Center)」を活用した新たなサービスとして展開していくことにした。

 サービス内容としては、「iSeries」の導入およびトータルサービスを提供してきた同社の実績を生かし、IP監視、MES、ハードウェア保守、PTF作業、障害通知などに加え、「SMAC」でのメッセージ監視、ヘルプデスク、メール通信やバージョンアップ作業、障害回復支援、導入移行作業などのSE作業、テープ交換作業など、他社が提供していない多彩なオプションメニューも含めて提供する予定。

 価格は、「iSeriesモデル810/専用ラック」の場合で、ホスティング(iSeries+運用監視サービス込み)が初年度月額100万円から(2年目以降110万円から)、ハウジングが月額40万円から(iSeries特注スペース+電気代込み)。単年度で30億円の売り上げを見込んでいる。

 なお、今後は業種特性も考慮し、特定業種向けホスティング・ハウジングサービスとして実績をもつ日本メディコムの「PIS/400」(チェーン調剤薬局統合システム)と、ホスティング・ハウジングをセットにした、「JBCCデータセンター管理によるチェーン調剤薬局統合システム(PIS/400)」も推進していく予定。

日本ビジネスコンピューター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社