お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NEC、仮想マシンソフトウェア新製品「VMware ESX Server 2.0」を発売

2003/08/04 18:12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは、1台のIAサーバにおいて複数のOSの同時稼動を実現する、仮想マシンソフトウェア新製品「VMware ESX Server 2.0」の販売を、本日から開始したと発表した。

 同社の発表によると、「VMware ESX Server 2.0」では、従来は1つだった仮想CPUを2つまでサポートできるようになったため、マルチプロセッサ対応のアプリケーションの性能向上が実現できる。また、仮想マシンの同時稼働台数を80台まで拡張(従来は64台まで)できるため、多くのサーバを統合して効率的にハードウェア資源を活用することができる。

 さらに、Windows Server 2003などの最新OSをサポートし、VMware上で最新OSが活用できる。また、Windows NT 4.0などの旧OSと最新OSを同時稼動させることができるため、1台のサーバによる最新OSへの移行を実現。加えて、各仮想マシンに割り当てるCPU使用率を指定(最小値および最大値)することができるため、システム全体のCPUリソースをきめ細かく制御することができる。

 「VMware ESX Server 2.0」の販売価格は60万円から。NECでは、今後1年間に100ライセンスの販売を見込んでいる。

 仮想マシンソフトウェアは、同一システム内で稼動する複数のOSやアプリケーションソフトを、1台〜数台のサーバに統合することにより、システム全体のTCO(Total Cost of Ownership)を約30%〜60%削減できることに加えて、ソフトウェアの開発・評価の効率化なども実現できる製品として、注目を集めている。

 NECでは併せて、サーバの運用管理ソフトウェア「ESMPRO」を新たに「VMware ESX Server 2.0」に対応し、サーバ機器監視・自動運転・サーバソフト監視などの機能を実現した。

NECのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社