お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、Virtual PC for Mac 6.1 日本語版を8月29日に販売開始

2003/07/29 14:26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは7月29日、MacintoshでWindowsアプリケーションが利用可能となるバーチャルマシン製品、「Microsoft Virtual PC for Mac Version 6.1」シリーズを、8月29日から販売すると発表した。

 Virtual PCは、1台のパソコン上で複数のOSを同時に稼動させるためのソフトウェア。米Connectixが開発し、「Virtual PC for Mac」「Virtual PC for Windows」などの製品を販売していたが、2003年2月に米MicrosoftがConnectixから同技術を買収したため、マイクロソフト製品として販売することになった。

 「今後はVirtual PC for Macシリーズ製品をMicrosoft Office v. X for MacやMSN Messenger for Mac」と同様にマイクロソフトのMacintosh対応製品として提供していく」(マイクロソフト)という。

 マイクロソフトは、Virtual PC for Macシリーズの通常版に加え、バージョンアップグレード版、Windows製品を同梱した3製品を含む、合計5製品を販売する。また、Microsoft Open LicenseやMicrosoft Selectなどの企業向けライセンスプログラムでも、2003年10月より提供開始するという。

 Connectixがこれまで販売していたVirtual PC for Macシリーズ製品(Version 5/Version 6)の技術サポートは、マイクロソフトが引き続き行う。

 製品と推定小売価格は以下の通り。

  • Microsoft Virtual PC for Mac Version 6.1 日本語版…1万5800円
  • Microsoft Virtual PC for Mac Version 6.1 日本語版バージョンアップグレード版…1万800円
  • Microsoft Virtual PC for Mac Version 6.1 with Windows XP Home Edition 日本語版…2万6800円
  • Microsoft Virtual PC for Mac Version 6.1 with Windows XP Professional 日本語版…2万9800円
  • Microsoft Virtual PC for Mac Version 6.1 with Windows 2000 Professional 日本語版…2万9800円

マイクロソフトのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社