お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

シマンテック、緊急度や影響度を選別して警告する脆弱性検査システム

2003/07/24 22:33
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 株式会社シマンテックは7月24日、脆弱性検査ソリューション「Symantec Vulnerability Assessment 1.0」(以下、SVA)を発表した。発売日は8月8日で、サーバエージェントがライセンス単価12万7000円、ワークステーションエージェントが同2万4000円(10〜24ライセンス)から、ネットワークエージェントが同1万2000円(10〜24ライセンス)からとなっている。これら価格には1年間のコンテンツアップデート、最新バージョンの使用権、サポート費用が含まれている。

 SVAは、脆弱性の発見と優先順位づけ、修復活動のための詳細な情報提供をするツール。ネットワーク型スキャナーよりも高速かつ完全に組織から脆弱なシステムやアプリケーションを検出するという。優先順位づけは、緊急度・影響度・修復作業面などから行なわれ、特に緊急を要する場所から対策を施すことが可能だ。

 またSVAは、Symantec脆弱性データベースを利用する初めての製品。このデータベースは、CVEやBugtraqで報告された脅威がすぐ発見できるようインデックス化されている。新たな脆弱性が発見された場合、シマンテックが関連するパッチやオンラインデータベースへのリンクなどを提供する。

 さらにSVAには、セキュリティ上のアップデートやモジュールを自動的に更新するLiveUpdate機能も実装されている。また、同社のセキュリティ管理システムの中核となる「Symantec Incident Manager 2.0」と連携するように設計されている。

シマンテックのリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社