お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ベリタス、システムパフォーマンス監視ソフトの新版「VERITAS i3 Ver.6.2」を発表

2003/07/18 14:38
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベリタスソフトウェアは7月18日、システムのパフォーマンス監視するソフトウェア製品の新版「VERITAS i3 Ver.6.2」の販売を開始すると発表した。最小構成価格70万円で、7月31日から出荷を開始する。

 同ソフトは、Application Power Management(APM)製品VERITAS i3シリーズのメジャーバージョンアップ版。システム上で動作するアプリケーションのパフォーマンスに関する問題を監視する。

 新版では、従来製品を構成する3つのコンポーネント「VERITAS Insight」「同Indepth」「同Inform」に、新たに「VERITAS i3 StartPoint」「VERITAS i3 AdminPoint」の2つを追加し、機能を拡充した。 Insightはシステム全体の監視とパフォーマンス劣化原因の特定、Indepthは特定した原因を修正または回避する手順の分析。Informは分析結果の通知・警告とウェブベースのレポート機能を提供する。

 新たに追加した2つのコンポーネントのStartPointは、システムの各階層で稼動するアプリケーションを視覚的にマッピングし、管理機能を提供する。問題の自動修復可能も備える。エンドユーザーによる使用が可能で、管理者のアプリケーションのサービスレベル管理を大幅に簡素化するという。一方のAdminPointはVERITAS i3の全コンポーネントの管理、導入を一元的に行うコンポーネントとなる。

 OSはSolaris、HP-UX、AIX、Windowsなどに対応し、一部モジュールでLinuxに対応する。対応アプリケーションは、PeopleSoft、Siebel、SAP、Oracle Applications、BEA WebLogic、IBM WebSphere、IBM DB2 UDB、Microsoft SQL Serverなど。

ベリタスソフトのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社