お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米CA、ユーティリティコンピューティング戦略を強化

2003/07/15 15:52
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Computer Associates International(CA)は米国時間7月14日、企業でのユーティリティコンピューティング管理向けの新技術Sonarを発表した。

 Sonar技術は、企業の技術インフラと特定のビジネスプロセスを関連づける。特定のビジネスアプリケーションと、それをサポートする基本的なサーバとネットワークをマッピングすることで、顧客企業はコンピュータ資源を十分に活用しつつ、コストを削減することが可能。たとえば、銀行はCAのネットワーク監視技術を利用して、プリンタの故障修理よりもATM機の故障を優先させるなど、コンピュータ上の問題に優先順位をつけることができる。

 CAはSonar技術を、自社のストレージ管理製品やeTrustネットワークセキュリティ製品のほか、Unicenterシステム管理製品に取り入れる。Sonar技術を利用した最初の製品は、年内にリリースする見込みだ。Unicenterシステム製品ラインは、大企業で社内ネットワークオペレーションの追跡に利用されている。

 CAはユーティリティコンピューティング分野の技術開発において、米IBM、米Hewlett Packard(HP)、米Sun Microsystemsなどの大手企業と競合している。「オンデマンドコンピューティング」とも呼ばれるユーティリティコンピューティングでは、コンピュータの処理能力を電気や水道と同じように供給する。企業はシステムダウンを減らし、機器を必要な分だけ自動配備したり、機器故障の可能性を予め警告させることで、自社所有のハードウェアやソフトウェアをより効率的に利用できるようになる。

 CAは今後6〜18カ月のうちに、同社アプリケーションの75%に対して自動マップ作成ができるようにする目標だ。また、需要の急増に対応したハードウェアおよびソフトウェアの自動供給機能を向上し、自己修復機能を強化することにより、Unicenterラインを段階的に強化していく考えである。CAはさらに、全社をあげて製品全般を対象にしたWebサービス統合に取り組む。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社