お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

サンと日本オラクル メール/ファイルサーバー統合を推進する検証センター

2003/06/20 11:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サン・マイクロシステムズ(菅原敏明社長)と日本オラクル(新宅正明社長)は、日本オラクル社内に「Sun/Oracle Low Cost Computing 検証センター」を開設し、6月19日から共同で運営開始したことを発表した。

 政府、省庁、自治体および民間企業における新型ネットワークコンピュータシステムの導入にともなうPCからのマイグレーション(移行)、およびメール/ファイルサーバー統合を本格的に推進していくことが目的。

 すでに両社は、メールサーバーおよびファイルサーバーの統合を可能にするコラボレーションツール「Oracle Collaboration Suite」で一元管理されたデータを、シンクライアント製品「Sun Ray アプライアンス」からアクセスできる統合ソリューションを推進している。

 今回開設した「Sun/Oracle Low Cost Computing 検証センター」では、「Sun Ray アプライアンス」と統合オフィスツール「StarSuite 6.0」をベースにした「Thinクライアント・ソリューションセット」と、「Oracle Collaboration Suite」との組み合わせを安定稼働させるための検証、およびサイジングなどの技術サポートを実施していく予定。検証に必要なハードウェア機器はサンが、ソフトウェアは両社が提供し、両社が派遣した専任のシステムエンジニアが実際の検証作業にあたる。

 なお、検証結果から得られた技術情報は、両社の販売パートナーに迅速に提供し、パートナー各社への販売支援を強化していく方針。

サン・マイクロシステムズ
日本オラクル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社