お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

2002年の国内SAN製品出荷額は前年比27.8%増−IDC Japan調査

2003/06/13 13:59
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは6月13日、国内SAN(Storage Area Network)関連市場の2002年の実績と2007年までの予測を発表した。

 それによると、SAN環境で使用されるディスクストレージシステムとファイバーチャネル(FC)スイッチを合わせた国内SAN関連市場の2002年における出荷金額は837億8200万円で、前年比27.8%増となった。IDC Japanでは国内SAN関連市場の2003年から2007年までの年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth)を15.4%と予測している。

 2002年実績の内訳を見ると、ディスクストレージシステムが714億円200万円で前年比24.8%増、FCスイッチが123億8000万円で、同48.2%増となる(ただしFCスイッチの出荷金額は、ストレージベンダーやシステムインテグレーターが販売した時点での金額で、FCスイッチベンダーのOEM出荷金額とは異なる)。

 「企業のIT投資の効率化に対する要求の高まりが、ストレージ投資をサーバーに直接接続されるDAS(DirectAttached Storage)から、SANなどのネットワークストレージにシフトさせている」(同社)。

 同社は、2003年のSAN関連市場は、ディスクストレージシステムが871億1000万円(前年比22.0%増)、FCスイッチが165億7600万円(同33.9%増)と見込んでいる。

 また、ストレージサービスが未普及の中小企業などから需要が増加した場合、2007年にディスクストレージシステムの出荷金額は最大で1800億円を超え、FCスイッチも1400億円を大きく上回るとしている。同様の条件で国内SAN関連市場は、「2003年〜2007年までの年間平均成長率は、ディスクストレージシステムが15.5%、FCスイッチが15.2%になる」(IDC Japan)。

IDC Japan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社