お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

オラクルがピープルソフトとの会見を要求

2003/06/10 15:53
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Oracleは、6月6日(米国時間)にエンタープライズソフトウェアメーカーの米PeopeSoftを公開買付け買収すると突如発表したが、その意図を説明するためのミーティング開催を要求した。

 OracleのCEOであるLarry Ellisonは、PeopleSoftのCEO、Craig Conwayに宛てた書簡を6月9日付けで送付し、買収計画と資金計画を説明するための機会を与えてくれるよう同社取締役会へ求めている。Oracleは約51億ドルでの買収提示を行っているが、買収後はPeopleSoft社製ソフトを順次縮小するとの予定を認めている。

 また同書簡のなかで、PeopleSoftがこの計画に対し否定的な見方をしたことを認めている。Oracleの発表後、Conwayはこれを「残虐な振る舞い」と非難した。また、これに先立つ週の初めに、PeopleSoftはJ.D. Edwardsとの合併計画を発表したばかりであり、実現すればエンタープライズ向けアプリケーション市場で同社はOracleを抜き去る存在になるはずだった。

 「貴社のプレスリリース、貴兄の発言の引用、我々に対して訴訟を起こすという貴兄の意図に関して我々が受け取った通告などから、我々の提示した買収計画の背後にあるメリットや動機に関して、貴社が否定的立場をとったこと、および貴社役員会がこのオファーについて検討するために必要な時間をとったということに懸念を抱いている」と、Ellisonはこの手紙のなかで述べている。「我々は、真剣な、全額資金調達済みの、すべて現金による買取というオファーを、貴社の株主に提示したので、彼らに対して貴兄が負う義務により、貴兄は誠意を持って、十全かつ公平にこの提示を検討する必要がある」(Ellison)

 この書簡で、OracleはPeopleSoftに対して、ポイズンピル(買収対象となる企業が低価格で株式を放出し、発行済み株式の量を増やして買収総額をつりあげ、買収を断念させる手段)を使わぬよう、改めてリクエストしている。公開買い付けは7月7日に期限を迎える予定。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社