お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト阿多氏が退任

2003/06/06 15:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは6日、同社代表取締役社長の阿多親市氏が6月30日付けで退任すると発表した。後任には、米Microsoftバイスプレジデント日本担当のMichael Rawding氏が7月1日より就任する。

 新社長となるRawding氏は1963年11月生まれの39歳。米バーモント州のミドルベリー大学で政治学とドイツ語の学士号を取得した。Microsoft入社以前には、国際技術移転専門の小規模個人経営コンサルタント会社、Interdevelopmentにてマネージメントコンサルタント業や、Unisysにてプロダクトマーケティングなどを担当していた。

 Microsoftでは、アプリケーションデベロッパーカスタマーユニットのホリゾンタルマーケティンググループのディレクター、金融サービスセクターのインダストリーマーケティング担当ディレクターなどを経て1998年北京に移り、同社中国圏全地域のリージョナルディレクターとなった。

マイクロソフト新社長就任予定のMichael Rawding氏
現在Rawding氏は、日本におけるセールス、マーケティング、サービスおよびサポートに関する全ての活動を統括している。

 一方退任となる阿多氏は、1987年にマイクロソフトに入社、パーソナルシステム事業部長やマーケティング部門担当常務取締役などを経て、2000年5月に社長に就任していた。社長退任後は同社を退職する予定。

 なお、一部で社長就任が噂されていた同社の平井康文氏は、5月1日付けでマイクロソフトエンタープライズビジネス担当取締役に就任している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社