お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

HPが首位に躍り出る:2003年Q1世界サーバ市場シェア

2003/06/02 15:46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米IDCは米国時間5月30日に、2003年第1四半期の世界サーバー市場に関する調査結果を発表した。それによると、同市場の売上高は前年同期比3.6%減の105億ドルだった。また、出荷台数は前年同期と比べ、11.5%増加した。

 メーカー別にみると、米Hewlett-Packard(HP)が売上高29億4000万ドルで市場シェア28%を獲得し、首位に立った。しかし、同社の売上高は前年同期比11.7%減少している。第2位は市場シェア26%の米IBMで、売上高は同6.9%増の26億8000万ドル。第3位は市場シェア12.8%の米Sun Microsystemsで、売上高は同15.3%減の13億5000万ドルだった。第4位の米Dell Computerは、売上高が9億8500万ドルで、同15%も急増した。

 分野別にみると、2万5000ドル以下のエントリーサーバが好調だった。IDCのGlobal Enterprise Server Solutions部門バイスプレジデントのVernon Turnerは、「IT市場は、現在の限られた予算に収まるような低コストのサーバで能力増強を図っている」と説明した。

 搭載OS別では、Windowsサーバの売上高が前年同期比約10%増の32億ドルとなった。Linuxサーバの売上高は5億8300万ドルで、同35%増と急速な成長をみせた。一方、UNIXサーバは、製品価格の低下により売上高が同12.9%減少し、43億ドルに留まった。

 IDCは、2003年通期の世界サーバ市場が、2002年の490億ドル規模とほぼ横這いになると予測している。その後市場は堅調な回復軌道に乗り、2007年には約580億ドル規模となる見込みだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社