お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Webサービス相互運用性の推進団体WS-I、日本での活動グループを発足

2003/05/30 16:11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Webサービスの相互運用性の向上を推進するWeb Services Interoperability Organization(WS-I)は5月30日、日本における活動グループ「Japan SIG」を立ち上げると発表した。これにより、「日本国内におけるWS-Iの活動のプロモーションとWebサービスの相互運用性の向上を目指す」(WS-I)

 WS-I Japan SIGには、世話役の富士通をはじめ、インフォテリア、SAPジャパン、サン・マイクロシステムズ、東芝、NEC、日本IBM、日本オラクル、NTT、日本BEAシステムズ、日本HP、野村総研、ビーコンIT、日立製作所、リコーの15社が参加する。

 同グループは活動の第一弾として、開催中のXMLコンソーシアム主催部会活動成果発表、ならびにWeekXMLコンソーシアムWeekでWS-Iの活動の紹介を行う。また、作成中のBasic Profile 1.0 Working Draftの日本語版を近日中に公開する予定も立てている。

 その他、WS-I Japan SIGの主な活動内容は以下の通り。

  • Testingツールの日本語環境での検証と問題のフィードバック
  • Sample Applications の日本語環境での検証と問題のフィードバック
  • Webサービス相互接続性に関する講演活動(セミナー、イベント)
  • 日本企業のWS-Iへの勧誘
  • XMLコンソーシアム、DOPG(分散オブジェクト推進協議会)など、国内関連団体との連携

WS-I

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社