お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日本IBM、1.2GHzのPOWER4+を2個搭載可能なUNIXサーバを発売

2003/05/28 16:07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは5月28日、動作周波数最大1.2GHzの64ビットプロセッサPOWER4+を搭載するUNIXサーバ、IBM pSeries 615(p615)を同日より販売すると発表した。出荷開始は5月30日とする。価格は98万2200円から。

 p615は、POWER4+プロセッサを最大2個搭載可能なエントリレベルのサーバ。最大メモリ容量16Gバイト、最大内蔵ハードディスク容量1.1Tバイト(ホットスワップ対応8個)、Ultra3 SCSI 2ポート、Ethernet 2ポート(1ポートはギガビット対応)、PCI-X 6ポートなど、「サーバとしての拡張性を備える」(同社)。きょう体は、デスクサイド型の6E3と、ラックマウント型の6C3の2タイプ用意する。対応OSは、AIX 5LおよびLinux。

 同社の上位モデルで採用されている「オートノミック・コンピューティング(自律型コンピューティング)」向けの主要機能を搭載し、システム管理の自動化を図るという。例えば、すべてのシステムエラー情報を発生時点で把握し、最初のエラー発生時に再発防止対策をサーバ自身が行うFFDC(First Failure Data Capture)や、障害を事前に予測し該当部分を動的に切り離す機能(動的縮退機能)などを装備する。さらに、修理が必要なコンポーネントをサーバが通知する機能を備え、「システムダウンにつながる障害率が大幅に低減し、連続稼動を可能とする」(同社)。

日本IBMのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社