お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NEC、並列Linuxクラスタシステム向けミドルウェア「HyperClusterEngine」を発売

2003/05/28 12:18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは5月28日、並列Linuxクラスタシステム「Express5800/Parallel PC-Cluster」向けのジョブ運用管理ソフト「HyperClusterEngine」を発売した。標準価格6万3000円/1CPUライセンス〜。また、16台以下の小規模構成向けには「HyperClusterEngine Lite」(標準価格3万1000円/1CPUライセンス〜)も用意されているほか、並列処理をより簡便化するパラレルオプションも提供される。

 HyperClusterEngineは、米Platform Computing社のジョブ運用管理ソフト「LSF」をベースに独自の耐障害対応機能を追加したもの。なんらかの障害が発生した場合でも、システム内に配備された予備ノードを利用して自動的に並列処理を再開、計算を終了するフェイルオーバー機能が実装されている。

 また、Webブラウザーをインターフェースに利用したことで、初心者でも複数のノードを1台のコンピュータのように操作し、並列処理の実行開始や計算結果の表示などが行えるのも特徴だ。

 NECでは、製造業向けのアプリケーションとして、衝突解析ソフト「LS-DYNA」や構造解析ソフト「ADVENTURE Cluster」など10本の市販アプリケーションの動作を確認している。また、HyperClusterEngineの機能強化として、さらに高速なノード間通信を実現する「MPI-2」のサポートを行なう予定だ。

NEC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社