お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日本SGI、主力サーバー「Origin」と「Onyx」のミッドレンジモデル

2003/05/19 10:26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本SGI(和泉法夫社長)は5月15日、ミッドレンジサーバー「SGI Origin 350」と「SGI Onyx 350」を6月上旬から発売すると発表した。

 「SGI Origin 350」は、MIPSプロセッサと同社独自のUNIXオペレーティングシステムである「IRIX」搭載のUNIXサーバーシリーズ「Origin」のミッドレンジモデル。NUMAflexアーキテクチャによって、2プロセッサ構成のスタンドアローン・テクニカルサーバーから32プロセッサ、64GBメモリ、62PCI-XスロットのHPC構成まで拡張することができ、用途に合わせた最適なシステムを柔軟に構成することができる。

 「SGI Onyx 350」は、「Origin」の共有アーキテクチャをベースにした、グラフィックス性能に優れた「Onyx」シリーズのミッドレンジモデル。最大32個の600−700MHzのMIPS R16000プロセッサと、最大64GBの共有メモリを搭載可能で、グラフィックスオプションも最大8パイプまで搭載可能にした。

 なお、新製品の販売開始に合わせ、両製品を中核としたキャンペーンを今年9月末日まで実施する。「Origin 350」と、2Uサイズの高密度Ultra3 SCSI JBODストレージ・システム「TP900」をパッケージ化したモデル(価格は495万円)や、「Onyx 350」とクライアントパソコン「Silicon Graphics Fuel」5台、さらにサーバーと複数のクライアントパソコン間で、アプリケーションやデータを共有可能にするソフト「OpenGL Vizserver」の新バージョン「同 3.1」をセットにしたモデル(価格は2145万3000円)など、数タイプのキャンペーンモデルを特別価格で提供する。

日本SGI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社