お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

企業向けLinuxの旋風、欧州に到来

2003/05/15 16:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 欧州のコンピュータメーカーFujitsu Siemensは米国時間5月14日、自社のPrimergyサーバーすべてに、ドイツのSuSEのSuSE Linux Enterprise Server 8をバンドルすることを発表した。欧州企業のLinux導入を促進するとしている。

 「欧州、中東およびアフリカで、Fujitsu SiemensのハードウェアとSuSE Linuxを組み合わせたソリューションへの需要が高まっている。今回のバンドル販売はこれらの需要に応えるもの」、と両社は語っている。

 Fujitsu Siemensは、家庭用パソコンからストレージシステム、ハイエンドのUNIXハードウェアまで幅広い製品を手がけており、同社のPrimergyサーバは最大16個の米Intel製Xeonプロセッサを搭載する。

 SuSE Linux Enterprise Server 8はSuSEが企業向けにカスタマイズしたLinuxで、「他のバージョンより厳重なテストを実施し、アップグレードが少ないのも特長だ」(両社)。ドイツのSAPのエンタープライズアプリケーションmySAP Business Suiteや、米Oracleのデータベースなどで動作確認が済んでいる。

 現在、SuSEを始めとするLinuxベンダーは、米IBMや米Hewlett-Packard(HP)など大手メーカーの助けを借りて、Linuxを企業向けサーバの主流に押し上げようと強力な販促を展開している。LinuxはUNIXの大半の機能に対応しているが、知的所有権を1社が独占しないロイヤリティフリーのため、価格が安い。さらに、ソースコードの変更や再配布も、変更部分を開発コミュニティで無償公開するという条件のもと、自由に行うことができる。

 「我々の販売パートナーは、PrimergyとSuSE Linuxを組み合わせたソリューションを、顧客に提供することができる。顧客は完全なSuSE Linux搭載システムを手軽に導入することができる」(Fujitsu Siemensのエグゼクティブ・バイス・プレジデントのBernd Bischoff)

 さらに同氏は、「今後、1つの筐体内に複数の交換可能なサーバを組み合わせたブレードサーバをはじめ、タワー型サーバのTXシリーズ、ラック型サーバのRXシリーズなどの需要が高まるとみる。SuSEと協力して、サーバ性能に応じたソフトウェアの保守料金を決定する予定だ」と述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社