お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CA、米本社の上級副社長が来日、アジアにおける日本市場の重要性語る

2003/05/15 10:46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米コンピュータ・アソシエイツ・インターナショナルのスティーブン・リチャーズ上級副社長セールス・フィールドオペレーション担当が5月14日来日し、「アジア・太平洋地域のビジネスを拡大するためには、日本市場が重要な位置付けを占めている」と語った。

 リチャーズ上級副社長は、「アジア・太平洋地域の売上高は、ワールドワイドで10−12%を占めている。そのうち日本市場の売上高は45−50%となる。アジア・太平洋地域の売上高を、近い将来15−20%まで引き上げることを計画しているが、そのためには日本市場が成長が重要となる」としている。

 日本市場のビジネスを拡大する戦略として、リチャーズ上級副社長は、「日本語版の製品を強化する」ことをあげた。米国での発売から60−90日遅れていた日本語版の製品を米国と同じタイミングで発売する。拡販については、適切なパートナーとアライアンスを組むことで中小企業の顧客を開拓していく。

 また、「日本市場で立ち上がりつつあるLinux分野に注力する」としている。コンピュータ・アソシエイツ(CA、三ッ森隆司社長)では、バックアップソフトのLinux版「ブライトストア・アークサーブ・バックアップv9・フォー・リナックス」を6月末に出荷開始する。価格は9万8000円からと低価格を追求。初年度は4億円の売上高を目指す。

 さらに、ブランド認知度の向上を図る。リチャーズ上級副社長は、「日本では何を提供している会社なのか認識している企業が少ない。ワールドワイドで第3位のソフトメーカーというブランドを訴求していきたい」と強調した。

コンピュータ・アソシエイツ
米コンピュータ・アソシエイツ・インターナショナル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社