お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日本ユニシス、日本BEA、サンがWebサービス製品の相互接続性を確認

2003/05/06 16:08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ユニシスは5月6日、日本BEAシステムズおよびサン・マイクロシステムズと共同運営しているWebサービス検討プロジェクト、Project-W(プロジェクト・ダブリュ)の検証成果をもとにして、Webサービスベースの業務適用構築サービスを提供開始すると発表した。

 Project-Wは、3社が2003年1月23により共同で運営するプロジェクト。「アプリケーションシステム統合によるビジネスの効率向上、迅速化、運用コスト削減などを実現する製品やサービスの提供が目標」(日本ユニシス)

 同プロジェクトのフェーズ1では、3社がデモンストレーションサイトの構築/連携/技術検証を実施し、Basic Web Services、SAML、Liberty Alliance version1.0の仕様についてBEA WebLogic Server、Sun ONE Application Serverなど、いくつかの製品間で相互接続性を確認し、アプリケーションシステムの業務レベルでの連結について検証を行った。検証内容については、日本ユニシスのウェブサイトに掲載している。

 日本ユニシスは、「この検証活動で得たノウハウなどを活用し、業務適用構築サービスの提供を開始する」と説明する。

 なおProject-Wはフェーズ2以降で、J2EEによるWeb サービス化の推進を目的とし、Basic WebServicesの実用性検証をさらに行う。さらに日本ユニシスは、J2EE-.NET間の連携も同時に検証するという。

日本ユニシスのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社