お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

サン、1.2GHz版UltraSPARC III Cu搭載のサーバとWSを発表

2003/05/06 15:10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サン・マイクロシステムズは、64ビットのマイクロプロセッサを搭載したラックマウント型サーバ「Sun Fire 280R」、ワークステーション「Sun Blade 2000」、通信事業者向けラックマウント型サーバ「Netra 20」を5月中旬より発売する。サンが5月6日に明らかにしたもの。

 搭載するプロセッサはUltraSPARC III Cuの1.2GHz版で、最大2個搭載可能。「最新の高速プロセッサ搭載により、Sun Fire 280Rは、900MHz版搭載モデル比で最大約65%、Sun Blade 2000は、1.05GHz版搭載モデル比で最大36.8%、Netra 20は900MHz版搭載モデル比で最大約58.4 %、処理能力が向上する」(同社)という。最小構成システムの概要は以下の通り。

Sun Fire 280R
UltraSPARC III Cu 1.2GHz版プロセッサ1個搭載(8Mバイトキャッシュ付き)、メモリは1Gバイト、ハードディスク容量は73.4Gバイト。DVD-ROMを搭載。Solarisをインストール済み。価格は145万円。
Sun Blade 2000
UltraSPARC III Cu 1.2GHz版プロセッサ1個搭載(8Mバイトキャッシュ付き)、メモリは1Gバイト、ハードディスク容量は73.4Gバイト。XVR-100グラフィックスアクセラレータを搭載。Solarisがインストール済み。価格は 155万9000円。
Netra 20
UltraSPARC III Cu 1.2GHz版プロセッサ1個搭載(8Mバイトキャッシュ付き)、メモリは1Gバイト、ハードディスク容量は73.4Gバイト。価格は178万2000円。

サン・マイクロシステムズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社