お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アップル、軽量・薄型の新iPodを日本初公開、国内での音楽販売事業は未定

2003/05/02 10:54
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルコンピュータ(原田永幸社長)は、米国で4月28日に発表した新しい「iPod」、「iTunes Music Store(アイチューンズ・ミュージックストア)」などについて、プレス向け説明会を開催した。

 「アイチューンズ・ミュージックストア」は、BMG、EMIなど米国の主要音楽会社が所有する20万曲以上の曲を1曲あたり99セントで販売する、 アップルにとっては新しいビジネスとなる。日本での事業開始時期、価格、提供される楽曲などについては、現在準備を進めている段階ではあるもの の、「アップルの力だけでは実現することができない、著作権者との協力が必要なものであり、日本での実施時期などは、現在は発表することができない」(大宮哲夫本部長)とした。

 「アイチューンズ・ミュージックストア」については、アップルが提供している音楽ソフト「iTunes4」に完全に統合される。メニューのなかにミュ ージックストアが用意され、楽曲の統合、ダウンロード、管理、再生をすべて実行することができる。

 また、日本でも5月9日に発売予定の新しい「iPod3」は、1台でウィンドウズ、マックのどちらのパソコンにも接続して利用することができる。アップルでは、「世界中で70万台以上を販売し、BCNランキングなどのデジタルオーデイオ部門では常にトップランキングを維持しているiPodの第3世代 となるマシン」と説明している。

 製品の特徴は、

  1. 最大幅でも18.7mm、最小幅15.7mmと従来の最薄の「iPod」よりもさらに薄く、重量もCDパッケージ2枚分よりも軽 量を実現
  2. 10GBモデル、15GBモデル、30GBモデルとより大容量になり、30GBモデルでは7500曲の収録が可能に
  3. コンピュータ、ステレオに接続することができるDockを新たに用意
  4. FireWire、USB2.0の両方をサポート
  5. タッチセンサーによるインターフェイスを用意
  6. ユーザーインターフェイスなどのカスタマイズが可能

 ――など。

 価格は、10GBモデルで3万6800円、15GBモデルで4万7800円、30GBモデルで5万9800円。全モデルにインナーイヤー型ヘッドフォン、iPod用電源アダプタ、FireWireケーブル、4ピン−6ピンのiPodFireWireアダプタが付属し、15GBモデル、30GBモデル にはiPodDock、キャリングケース、ワイヤードリモコンが付属する。各アクセサリは個別に販売も行う。

アップル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社