お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デスクトップ分野でも勝負に挑むAMD、Athlon XP 3200+を5月初旬にリリース

2003/05/01 13:34
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米AMDがデスクトップパソコン向けの新プロセッサ、Athlon XP 3200+を5月初旬にリリースするという計画を立てている。同社の関係筋が明らかにしたもの。新プロセッサの特長の1つは、「システムバスをこれまでの333MHzから400MHzに引き上げている点」(関係筋)という。

 AMDは、400MHzのシステムバスを採用することでAthlon XPのパフォーマンス向上を狙っている。プロセッサとメモリなどのシステムコンポーネント間で、データ伝送を高速化するのだ。

 先日リリースしたサーバ向け64ビットプロセッサOpteronなど、AMDは新たな64ビットプロセッサの製品系列に力を入れている。しかし、Athlon XPがAMDの主力製品であることには変わりがない。そのため、AMDは米IntelのPentium 4プロセッサに対するAthlon XPの競争力をできる限り保っていきたいと考えている。

 アナリストは、「バス速度を向上しただけでも、『Athlon XP 3200+』という名称に値する十分な理由になるだろう」と語る。AMDは製品の名称にプロセッサの動作周波数でなく、全体のパフォーマンスを反映した型番を付けている。「AMDが(Athlon XPの)バス速度を400MHzにした場合、プロセッサの動作周波数を大幅に上げなくても、その型番が示す通りのパフォーマンスが得られることになる」(米Mercury Researchの主席アナリスト、Dean McCarron)。ただし、Athlon XP 3200+では僅かながらだが動作周波数も上がる見込みである。

 Athlon XP 3200+のリリースに伴い、多くのメーカーが同プロセッサ採用の動きを見せている。AMDによれば、現行製品であるAthlon XP 3000+のリリース時には、約25社が搭載機を発表した。なお、米Alienwareといった小規模メーカーは、Athlon XPのリリース直後、可能な限り素早く搭載機の販売を始めるのが常となっている。一方、AMDの最大の取引先である米Hewlett-Packard(HP)は自社のスケジュールにあわせて販売時期を決定している。

 Opteronの増産や、9月にはデスクトップ向けAthlon 64プロセッサのリリースが控えているとはいえ、AMDにとってAthlon XP 3200+は今年のメイン商品であることに変わりがない。ただしAMDはAthlon XP 3200+によって、これまで以上の試練に直面することになる。Intelのハイエンドパソコンに向けられた新世代チップ、875Pチップセットや3GHz版Pentium 4に立ち向かわなければならないからだ。Intelは今月にも、普及機向けの新たなチップセットを発売する。さらに、3.2GHz版Pentium 4もまもなくリリースする予定である。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社