お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Windows Server 2003に期待するサーバメーカー

2003/04/25 15:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間4月24日のWindows Server 2003リリースに伴い、各サーバメーカーが積極的な動きを見せている。

 同日開催されたWindows Server 2003のリリースイベントには、米Dell Computer、米Hewlett-Packard (HP)、米Unisysなどのサーバメーカーが出席した。その大半が既存マシンでのWindows Server 2003対応を表明する中で、Unisysは同OSリリースに合わせて新しいサーバを発表。DellとHPは、顧客企業に的を絞ったサービス提供を行なうが、米IBMは既存の広範なサービス体系を維持する様子だ。米Intelは、Itanium 2プロセッサ搭載システムで64ビット版Windows Server 2003を使用する利点を宣伝する。

 先週、Microsoftは自社サーバソフト製品群のブランド名称を、Windows Server Systemに変更すると発表した。各メーカーはこの新ブランドのもとで、製品やサービスを提供することになる。Microsoftはそのほかにも、企業向けOfficeスイートをOffice Systemに改名している。Microsoftの狙いは、個別の製品を強調するのではなく、プラットフォームのコンセプトを前面に押し出すことだ。

 新ブランドのWindows Server Systemは、Windows Server 2003を中心として、Application Center, BizTalk Server、Commerce Server、Content Management Server、Exchange Server、Host Integration Server、Internet Security and Acceleration Server、Operations Manager、Project Server、Real-Time Communications Server、SharePoint Portal Server、SQL Server、Systems Management Serverなどサーバ製品で構成する。

 なお、Microsoftはデスクトップソフトウェアとサーバソフトウェアの連携を強化する目的で、Project ServerとSharePoint Portal Serverを、Office SystemとWindows Server Systemの両ブランドに組み込んでいる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社