お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Intel、Itaniumでの32ビットプログラム稼動を高速化へ

2003/04/24 09:49
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは、64ビットItaniumチップ上で、PentiumやXeonなど32ビットプロセッサ用に書かれたプログラムを稼動する際の性能を劇的に向上させるソフトウェア、IA-32 Execution Layer(コード名btrans)を、今年中にリリースするという。

 現行のItaniumでも32ビットプログラムは稼動可能だが、その性能は非常に悪く、ハイエンドItaniumベースシステムが普及する上での障害になっている。同社広報によると、IA-32 Execution Layerは、次の1.5GHz Itanium 2で、32ビットソフトウェアを1.5GHz Xeon MP並みのスピードで稼動できるようにするという。

 ライバルのAMDが新発売した64ビットOpteronプロセッサは、32ビットプログラムを高速に稼動でき、従来のソフトウェアをそのまま利用できるのをセールスポイントとしていることから、IntelはこのItaniumの弱点を克服し、Itaniumシステム普及を推進したい考えだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社