お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

インテルの最新3GHz版Pentium 4で不具合

2003/04/22 17:34
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは先週、最新のPentium 4プロセッサの3GHz版を出荷する計画だったが、出荷前日になり不具合が発見された関係で予定を遅らせていた。同社によれば、その問題はBIOSのソフトウェアパッチで修正され、現在は問題なく出荷が再開されているという。

 今回不具合が発見された最新の3GHzプロセッサとすでに出荷されている既存の3GHzプロセッサとの違いは、今回のものは最新チップセットのIntel 875P(開発コード名:Canterwood)と組み合わせることが可能だという点だ。新チップセットでは、これまでで最速の800MHzの高速バスに対応し、シリアルATA機能搭載という2点が特徴である。

 また同社は、数週間以内に800MHzのバス速度に対応した別のチップセットと3.2GHz版のPentium 4プロセッサを出荷する計画だ。そしてこの出荷のタイミングで、既存製品の価格引下げも期待されている。というのも、モバイル向け製品の値下げが行われているのに対し、2003年2月以来デスクトップ向け製品の値下げは行われていないからだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社