お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

調査報告:ビジネスプロセスを考慮しないシステム統合はトラブルの元に

2003/04/18 13:09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 調査会社のZapThinkは今週発表した報告書の中で、Webサービス市場はEAI(Enterprise Application Integration)よりも、ビジネスプロセスに着目すべきだと警告している。EAIでは、アプリケーション同士の接続の際、従来のミドルウェアや専用のプログラミングがデータ変換で通信を行うのとは異なり、XML(eXtensible Markup Language)やWebサービスなどの柔軟な手法を用いているのが特徴だ。だが、このEAIのアプリケーション統合がなぜ行われているかを考えると、ビジネスプロセスの整理統合が本来の目的であるはずだ。報告書の著者であるRonald Schmelzerは、「ビジネスプロセスの部分に着目せずにEAIのみに注力する企業は、2年以内にトラブルに直面することになるだろう」と警告する。

 また同氏は、現在検討が行われているサービス指向のビジネスプロセス標準の将来的な統合を予言する。いま標準化が進められているものに、BPEL(Business Process Execution Language for Web Services)、BPML(Business Process Modeling Language)、WSCI(Web Service Choreography Interface)などがある。この標準化において、W3C(World Wide Web Consortium)とOASIS(Organization for the Advancement of Structured Information Standards)で現在意見が割れているが、Microsoft、IBM、BEA Systemsの3社は今週に入りOASISにBPELを提案したことで、W3Cに背を向ける形になった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社