お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

特定産業向けアプリケーションへの進出を狙うオラクル

2003/04/15 15:31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Oracleは4月14日、航空機産業向けの新しいソフトウェアが5月に出荷される予定であることを発表した。このソフトウェアはOracle Complex Maintenance, Repair and Overhaul(MRO)と呼ばれ、部品の在庫管理を行い、経費の圧縮を実現するものだ。航空会社では、飛行機1機につき260万ドルの予備部品を保持しており、大手航空会社になると計16億ドルもの超過在庫を抱えているという。Oracleによれば、同ソフトウェアを使用することで、30%まで在庫を圧縮できるようになるとのことだ。

 同社は今回の発表で、一般の航空会社ならびに、軍用航空産業など特定アプリケーション分野への参入を狙う。この分野では、SAP、MRO Software、Spirent Systemsといった競合がすでに存在している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社