お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

東芝、XeonプロセッサMPを4個搭載可能なサーバ「MAGNIA7210」を発表

2003/04/15 13:56
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は4月14日、インテルのXeonプロセッサMPを最大4個搭載可能なミッドレンジサーバ「MAGNIA7210」を商品化し、同日から営業活動を開始すると発表した。「XeonプロセッサMPの大容量キャッシュメモリ、動作周波数の高速化によりシステム性能を向上する」(東芝)。

 価格はタワー型が242万4000円から、ラックマウント型が247万4000円からとなる。いずれも動作周波数1.50GHzあるいは2GHzのXeonプロセッサMPを2〜4個搭載する。主記憶は512Mバイト〜12Gバイト。ハードディスク装置(HDD)容量は、146GB(10,000rpm)×10式の構成で1460Gバイト、15,000rpmのHDDでは最大760Gバイトとなる。PCIスロット、冷却ファン、電源装置のホットプラグに対応する。

 OSプリインストールモデルでは、Windows 2000 ServerまたはWindows 2000 Server Advanced Editionを搭載する。出荷は5月上旬を予定するが、Windows Server 2003 Standard Editionのプリインストールモデル、Ultra320 SCSI対応のRAIDコントローラ、および15,000rpmのHDD採用モデルについては、6月より販売を始めるという。

東芝のプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社