お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

MS、AMDプロセッサ対応Windows製品を正式表明

2003/04/10 11:34
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Microsoftは米国時間4月9日、まもなく提供されるAdvanced Micro Devices(AMD)の64ビットプロセッサに対応した、Windows Server 2003とWindows XPをリリースする計画を明らかにした。

 同社の計画では、AMDのサーバ向けプロセッサOpteronに対応した64ビット版Windows Server 2003と、デスクトップ/ノート向けプロセッサAthlon 64に対応した64ビット版Windows XPをリリースする。「(Opteron/Athlon 64プロセッサに対応する)OSのベータ版を、今年半ばにリリースする予定」(Microsoft)と述べている。

 Microsoftは今年3月、IntelのXeonやItanium 2に対応した32ビット版/64ビット版のWindows Server 2003をパソコンメーカーにリリースし、さらにItanium 2搭載ワークステーション向けの64ビット版Windows XPも提供している。今回の発表で、同社がAMDの64ビットプロセッサに対しても、Intelプロセッサの場合と同様の戦略をとることが明らかになった。

 MicrosoftとAMDとは、2002年4月以降、64ビット版サーバソフトウェアや、Opteronサーバで稼動するMicrosoft製品などのプロトタイプ版を発表してきている。しかし、これまでMicrosoftはAMD製プロセッサに対応するOSについて、正式な対応は表明していなかった。

 AMDは64ビットプロセッサの販売について、「サーバ向けプロセッサOpteronは4月下旬、デスクトップ/ノート向けプロセッサAthlon 64は9月に発売を予定している」と語っている。

 OpteronとAthlon 64には、x86-64技術が使用されている。この技術は、32ビットのx86命令セットを拡張したアーキテクチャで、32ビットと64ビットの両方に対応する。もちろん、64ビットでデータ処理が可能なため、処理能力はx86系プロセッサのAthlonやPentiumを遥かに凌ぐ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社