お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日本HPが普及価格のエントリーIAサーバを発表、6万8000円から

2003/04/09 16:37
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は4月9日、IAサーバのエントリー機種として、hp server tc2120の3モデルを発表した。4月中旬より順次出荷を開始する。価格は6万8000円から。

 インテルPentium4プロセッサ、またはCeleronプロセッサを搭載し、ServerWorks GC-SLチップセットを採用する。「hp ProLiantファミリと同じチップセット、メモリ、ディスクドライブやネットワークコントローラを使用し、品質と価格を両立させた製品」(同社)という。

 日本HPは今年1月、IAサーバ事業をハイエンド機種とエントリー機種に分けてマーケティングを展開する「二極化戦略」を発表した。「コストパフォーマンスが強みのhp server tc2120を、価格重視のユーザーに向けて提供する」(同社)とし、同機種をIAサーバのメインブランドとして今後も継続的に製品を投入していく意向である。

 hp server tc2120、3製品の仕様と価格は次の通り。

  • hp server tc2120 T01 C1800-128K:1.80GHz版Celeronプロセッサ搭載。メモリは128Mバイト、ハードディスク容量が40GバイトのATAモデル。価格は6万8000円。
  • hp server tc2120 T01 P2530-512K:2.53GHz版Pentium 4プロセッサ搭載。メモリ256Mバイト、ハードディスク容量は40GバイトのATAモデル。8万8000円。
  • hp server tc2120 T01 P2530-512K:2.53GHz版Pentium 4プロセッサ搭載、メモリ256Mバイト、ハードディスク容量は36Gバイト、SCSIモデル。11万8000円。

 いずれもWindows 2000 Server、Windows Server 2003、Linux(Red Hat 7.3、8.0)に対応する。

 また日本HPは同日、ProLiantシリーズのサーバ39モデルの価格を最大24%、合計40のオプション製品の価格を最大36%引き下げると発表した。

日本HPのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社