お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、SharePointをOfficeブランドに

2003/04/08 15:46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間4月7日、企業向けポータルソフトウェアのSharePoint Portal ServerをOffice Systemに組み込み、Office SharePoint Portal Server 2003として販売することを発表した。

 Microsoftは3月、オフィススイートの最新版をOffice Systemのブランド名に改めることを発表し、顧客ターゲットを大企業に絞った。Office Systemには、Office 2003やProjectなどが含まれる。SharePointは従業員の生産性向上を目的としたコラボレーションツールで、主として社内や事業パートナー向け企業情報ポータルサイトの作成に利用される。

 SharePointのOffice System組み込みは、デスクトップアプリケーション・ソフトウェアの需要が鈍化の兆しをみせていることから、Office Systemの魅力を高めて大企業を引き付けることが狙い。多数の企業が依然としてOfficeの旧バージョンを利用しているため、アップグレードを促すには機能拡張が重要なポイントとなる。しかし、Officeに新機能を追加しただけでは不十分な可能性があり、SharePointを加えることで企業にとってより魅力的な製品に仕立て上げたい考えだ。

 同時にMicrosoftは他の製品の売り上げ拡大も視野に入れている。SharePointを利用するためには、まずWindows Server 2003に移行する必要があるからだ。サーバー向け新OSのWindows Server 2003は、4月24日にリリースを予定している。またSharePointは、ExcelやOutlook、Wordなど、他のOffice System製品の機能を多く利用するため、ユーザーはSharePointを十分に活用するにはこれらのアプリケーションを購入する必要がある。

 SharePoint Portal Serverは現在ベータ2版が公開されており、最終版のリリースは2003年夏の予定。なお、価格などに関する情報は明らかにしていない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社