お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、「Windows Server 2003 日本語版」が製造段階に

2003/04/08 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフト(阿多親市社長)は4月7日、次期サーバー・オペレーティン グシステム「Windows Server 2003 日本語版」の開発が4月5日に完了し、製造 工程向けに出荷を開始したことを発表した。

 「Windows Server 2003」は、現バージョン「Windows 2000 Server」を使用 している多くのユーザーおよびパートナー各社から寄せられた情報をもとに、 パフォーマンス、品質、操作方法を大幅に改善し、顧客の生産性を大きく改善 できるサーバーOS。また、セキュリティと信頼性を改善する新機能を提供する。

 02年12月から開始した最終ベータ版のダウンロード、および1月末から開始 した早期評価キットの配布数合計は、日本国内における同社サーバーOSとして は最大規模となる11万セットを超えており、すでに日本でも多くの顧客、パー トナーが導入、販売に向けての準備を進めている。

 4月8日からは、Windows Serverのソフトウェア開発者に向けて、MSDN会員専 用ダウンロードWebサイト上から、「Windows Server 2003 日本語版」の提供 を開始。これによって、開発者は、「Windows Server 2003」に対応したアプ リケーションの開発をいち早く開始することができる。

 なお、同社では、「Windows Server 2003 日本語版」と同時に、「SQL Serv er Enterprise Edition (64-bit)日本語版」も製造段階に入ったことを発表 した。

マイクロソフト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社