お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

SDK提供でユーザーの裾野拡大を目指すOpenOffice

2003/04/07 10:06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンソフトベースでオフィスソフトウェアを開発するOpenOffice.orgは4月4日、開発者向けにSDK(Software Development Kit)の提供を始めたと発表した。OpenOffice.orgは、Sun MicrosystemsがオフィススイートのStarOfficeをリリースする際に買収したStarDivisionが母体となっており、今後リリースされるバージョンも含めてStarOfficeにソースコード等の提供を行っている。OpenOffice.orgがほかのオープンなオフィスソフトと大きく異なるのは、Microsoft Officeの文書フォーマットの読み書きが可能な点であり、同製品の強力なライバルともいえる。

 今回発表されたSDKを用いることにより、開発者は、例えば表計算ソフトに新しい計算式や関数を追加するといったように、オリジナルの開発モジュールを追加し、ソフトウェアを強化することが可能になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社