お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

新興メーカーのWi-Fiファイアウォールを米政府が認定

2003/03/26 10:06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新興会社Cranite Systemsのワイヤレスネットワーク用ファイアウォール製品「WirelessWall Software Suite」が、3月21日に米商務省標準技術局(NIST)の連邦情報処理標準(FIPS)140-2の認定を受けた。この認定により、Craniteは米国政府に製品を販売する資格を得たことになる。Craniteのソフトウェアは、Hewlett-Packardを通じて米国政府部局に販売される見通し。Craniteはワイヤレスネットワーク向けのセキュリティソリューションを提供している企業で、昨年9月にBertelsmannやDiamondhead Venturesなどから1200万ドルの資金集めに成功している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社