お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

IDC、Linuxサーバー市場が「06年には15%台に拡大」と予測

2003/03/20 09:59
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IT専門調査会社のIDC Japan(竹内正人社長)は、2002年第3四半期までの出荷実績に基づく、国内Linuxサーバー市場動向を発表した。

 これによると、同期はLinuxサーバーの出荷台数シェアが7.3%に達し、前年同期比1.3ポイント増加した。3月19日には、同調査を解説するセミナーが東京都内で開かれ、調査を担当した同社の塚本卓郎・ITスペンディングリサーチマネージャーは「06年には、Linuxの出荷台数シェアが15.1%になる」との予測を示した。

 02年7−9月期のサーバー市場は、ウィンドウズが77.7%と圧倒的なシェアを確保し、次いでUNIXが12.8%、Linux7.3%と続く。同社によれば、欧米諸国では政府関連のシステムに積極的に採用されるなど、Linuxが台数ベースで10%のシェアを獲得しているが、日本では、エンタープライズシステム用のLinuxの普及が03年には十分進まないと予測。03年は10%に達しないと予測している。

 これまでLinuxの普及が進まなかった理由は、欧米と比較してウィンドウズが極端な寡占状態にあるほか、オフコンやメインフレームを含む独自市場があり、Linuxの認知が遅れたことが大きい。

 ただ、最近はLinuxがウェブサービス用のOSとして、UNIXサーバーの低価格機市場を凌駕しネットワークインフラ市場でシェアを伸ばしているほか、エンタープライズ用のLinuxディストリビューションが揃い、今後普及期を迎え、IAサーバーとの組み合わせで「シェアを急速に伸ばす可能性があり、06年より早く15%台のシェアを獲得する可能性は高い」(塚本マネージャー)としている。

IDC Japan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社