お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

三洋電機、経営組織と制度の改革を発表

2003/03/17 17:32
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三洋電機グループが3月17日、経営組織と制度の改革について明らかにした。4月1日付けで実施する。「従来のカンパニー制の趣旨を継続しつつ、顧客主体の革新的な経営組織確立と制度の抜本的な改革を図る」(三洋電機)としている。

 まず、カンパニーなどの傘下企業を、1)コンシューマ(一般消費者向け商品)、2)コマーシャル(企業向けシステム)、3)コンポーネント(メーカー向け部品)、4)サービス(流通/金融/サービス)の企業グループに大別する。各企業グループの自主独立化を徹底するため、本社を縮小し、「戦略本社部門」と「スタッフ部門」に再編する。

 各企業グループを「SBU(Sanyo Business Unit)」と呼ぶビジネスユニットに細分化し、明確な目標の設定とその達成に取り組むとともに、成果に対する適正な処遇を実施するという。例えば、原則として3年間赤字が続くと見込まれる事業については撤退する、あるいは3年間赤字が続いた新規事業は中止する。SBUは総計280となる予定。

 また、SBUの責任者であるユニットリーダーを執行役員候補として経営職に加え、将来の経営者育成にも注力する。

三洋電機のプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社